フォト

リンク

  • せいたかのっぽのホームページ
  • メイちゃん公式ウェブサイト
  • MILK PLAYER
2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ

お気に入りのリンク

  • サークル「朝ごはん!」HP
  • あるびれおCo.伴星~電脳支部
  • よしのよしおのHP
  • 萌田かずきち
  • TAKAOKA SECTION
  • 走矢灯

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

読書の秋ですね

Cheer

秋、文庫本をカバンに入れて、お出かけしながら読むのが最高の季節です。

感動する小説に出会えると、日常の生活もなにか尊い大切なものと教えられます。

『くちぶえ番長』

先生のお気に入りの紹介で、→息子→私 と読んだ本。

父ちゃんの買った本ですが・・・、息子の机の本棚にとられたような(笑)。

息子にとって、お気に入りの一冊になったみたいです・・・。

『陽だまりの彼女』越谷オサム著(新潮文庫)

ディエンビエンフーの西島大介さんのイラストが目を引きますが、

泣けるお話。悲しいエンディング、でもネコ好きの方ならこれもホッとするかも。

『きみが見つける物語』(角川文庫)

娘→私 と読んだ本。

短編集。三崎亜紀著の『動物園』が忘れられないお気に入りです。

『さがしもの』角田光代著(新潮文庫)

本好きだったら、好きになると思います。古本屋さんめぐりの見方が変わるかも。

書き込みがある古書も、その本の前の持ち主の歴史やその本への想いが詰まっていると考えれば、また、尊いものです。

人からお気に入りの本を紹介されたり、同じ本を読み合うのって、

なにか、気持ちを共有したみたいでいいですよネ。

お気に入りの本、ありますか? (*^-^*)/

『冬が来る前に』

秋の学芸祭では、合唱で必ず歌った曲ですが、今の子供たちに聞いたら、知らないって・・・。

でも、今の国語の教科書にも、昔と変わらず、宮沢賢治の『やまなし』があって、

「クラムボンはわらったよ・・・」と、宿題の朗読を聞かされています。

・・・クラムボン・・・って、・・・いったい何だったんでしょう???

2011年10月21日 (金)

トンデラハウスのED『冒険ハート』

Tondera

今日もホント疲れたーって・・・、なつかしい曲見つけて、今とても癒されてます。

この曲、学生の頃、当時まだまだハイカラだったラジカセに録音して、

本当、何回も聞いて勇気づけられた曲です。

今まで、EDの曲は無かったんですよね。

他にも好きだった人がいるんだなと思うのもうれしいです。

ずーっと消されずに残っててほしい・・・。

2011年10月19日 (水)

Thai Green Curry

Thai

今晩の夕食は、タイで買ってきたグリーンカレーを作ってもらいました。

とーってもいい香り。でも、スプーンひとすくい食べただけでも・・・、とっても辛ーい!

調理方法を良く読み返したら、

TOO SPICY? To reduce spiciness, take chilies out of sachet # 1 or add more coconut milk and chicken.

とありました。が・・・、後の祭り。

舌が辛さで麻痺するのか、普通のカレーも辛く感じるようになってしまいました。

でも、なんか、タイって感じ。食べた後は、辛さでおなかがポカポカしています。

2011年10月18日 (火)

秋の食べ物

Yuuki

秋の食べ物・・・といえば・・・、

今日、実家から、ゆでた落花生を持ってきてくれました。

静かに、CDを聞きながら食べました。なつかしいおいしさです。

岡村孝子さんがソロデビュー25周年って長いな~と感心していたら、

私のフルートもちょうど20年。けっこう長い。(*^-^*)/

2011年10月 2日 (日)

快晴!運動会

Teruteru

このテルテル坊主なら、晴れるしかないですよね!

運動会の楽しみといえば、青空の下、家族で一緒に食べるお弁当!

・・・って、今朝早くに、同じクラスの近所の女の子が、

息子にたまご焼きを作って持って来てくれたんですよ。

こういうことって、今時の子たちには普通??

私なら信じられないくらいうれしいですけど・・・(*^-^*)

一切れだけ、おすそわけで頂きました。甘くて、オイシカッタデス。

エウレカセブン。好き!ッていうのが見ていて、こっ恥ずかしかったけど、

とても良かったですよネ。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »