フォト

リンク

  • せいたかのっぽのホームページ
  • メイちゃん公式ウェブサイト
  • MILK PLAYER
2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ

お気に入りのリンク

  • サークル「朝ごはん!」HP
  • あるびれおCo.伴星~電脳支部
  • よしのよしおのHP
  • 萌田かずきち
  • TAKAOKA SECTION
  • 走矢灯

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月23日 (日)

元素周期

Element

ベストセラーとなった元素周期の最新刊です。

2色刷りだったのが、フルカラーになったのと、112番以上の新元素について

最新の記載が加えられています。

最新巻では、監修者に名工大の今は名誉教授の恩師がされていて、

初版から改訂内容を照らし合わせながら読んでました。

大改訂ではないですが、なるほど、なるべく誤解を避けて、厳密さを強化した表現となっています。

英語学者で、旅先で新しい辞書を買っては読むのが趣味というのを読んだことがあって、

物理化学者でも、化学を本業とするなら、物理化学の本を、とにかく繰り返し読む、というのを読んだことがあります。

お経でも繰り返し読んでると好きになってしまうのですが、繰り返し読んだり眺めていると、結局、愛着がわくし、好きになる。

難しい計算で分かってるつもりになることより、繰り返し接して好きであることの方が大切なんですよね!

イラストは、今回のカラー化に際して、例えばNaなど、少し衣装の柄などに手が加えられています。

微妙な違いを発見するのも楽しいですョ。

一方で、今回のカラー化でいくつか、今流行りの奇麗なイラストに入れ替えられていますが、

Biなどは初版のイラストの方が衣装の装飾にBiの結晶をデザインされていて、そういうオタクっぽいこだわりが私的には好きでした。

一見同じようですが、最新刊は読む価値があり、よりカラフルで楽しい雰囲気になってます。

初版は初版でそのまま残しておく価値はあって、比較して読むと、また、より楽しいですョ!

数珠玉の草

Jyuzudama

秋です。田んぼの畦(あぜ)に生えている数珠玉の実です。

中をくり抜いて、糸を通して数珠つなぎにして遊ぶのですが、

先のとがった針よりも、クリップを曲げた先の方が、

細い平らな針金の先で中身を押し出せるので、やりやすいです。

栗みたいに実(油)が詰まってて、くるみのような香りが香ばしいです。

カチカチの実になってるのが不思議で面白いですよね。

2012年9月 9日 (日)

リトバスTVアニメ楽しみ!

Photo

10月6日、土曜日、26:20~テレビ愛知

って、すごい時間だなー・・・汗;

でも、楽しみ~!!

2012年9月 4日 (火)

GMA

Gma

息子が夏休みに行ってきた岐阜、三重、愛知の東海3県合同での、

ボーイスカウト・キャンポリーの様子です。5泊6日。

今年が第1回なので、将来のいい記念になったと思います。

来年の夏は日本ジャンボリー。第16回。8泊9日。

私が子供のころは第7回でした。

また行くってエントリーしています。楽しみだねー!!

2012年9月 1日 (土)

数学

Suugaku

9月。カレンダーも今年もあと残り2枚、と思うと早いものですね。

今日は本屋さんへ。

あれば立ち読みして(めったに買わないf(^-^;)、ニュートンと数学セミナーですが、

今回の数学セミナーには、漫画『数学女子』の作者との対談記事があって、

買ってしまいました。

なんとなく××大学の数学科が舞台かなと思っていましたが、この漫画が面白いと

思った人には、なるほどーという対談集ですよ。

線型代数について、行列式が0になる条件、行列式が低次の行列式と等しくなる条件などが、面白い例で書かれています。(秘密! 読んでのお楽しみ!)

出版の乱立、すたれも早い今日、一見やさしく丁寧なようで、内容が薄い本が多くなった中で、

荘厳な専門書を一所懸命、苦闘して自分なりに理解したことだけが本当に身につくこと、

本当にそうだなあと思います。

数学セミナーはもちろん数学ですけど、それを研究している人の本音の気持ちみたいなものが感じられて、

たまに買ってじっくり読んでみるのも楽しいものですね。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »